Nissui 05709 Potato Dextrose Agar 马铃薯葡萄糖琼脂培养基(颗粒)

Nissui 05709 Potato Dextrose Agar 马铃薯葡萄糖琼脂培养基(颗粒)

英文名称:Potato Dextrose Agar

中文名称:马铃薯葡萄糖琼脂培养基(颗粒)

货号: Nissui 05709

规格:300g

05709 Potato Dextrose Agar“Nissui”

Code Form Package Storage Shelf Life
05709 Granule 300 g Dry, RT 2 years

Directions

Suspend 39.0 g of the dehydrated medium in 1,000 mL of distilled water, mix well and heat to dissolve the medium. Sterilize by autoclaving at 121° C for 15 minutes. Use as the plate or the pour plate method.Incubate at about 25° C is desirable. For mixing and dilution method, distribute the medium into Petri dishes contained the test specimen in advance.

Remarks

The medium is used for the isolation of  yeast and fungi from powdered milk or processed milk products. To inhibit the growth of other bacteria for the purpose of

enumerating the numbers of yeast and fungi, adjust the above pH (6.0 +) to pH3.5土0.1 (add sterilized 10% aqueous solutionof tartrate to the sterilized medium), or add chloramphenicol (100 mg/L).

Formula

Components In39.0 g/L
Potato Extract 3.9 g
Dextrose 21.0 g
Agar 14.1g

pH 5.6土0.2

NISSUI 日本日水培养基 05630 Trypto-Soya Broth (SCD Broth)

NISSUI 日本日水培养基 05630 Trypto-Soya Broth (SCD Broth)

Code Form Package Storage Shelf Life
05630 Granule 300 g Dry, RT 3 years

Directlons
It is possible to isolate the bacteria from
bacteremia and septicemia.
Suspend 30.0 g of the dehydrated medium in 1,000 mL of distilled water, mix well and
heat to dissolve the medium. Distribute into appropriate containers, and sterilize by autoclaving at 121° C for 15 minutes.
Formula
The medium is commonly used for the cultivation of fastidious bacteria such as Neisseria, Brucella, streptococci and pneumococci.
As the bacteria grow rapidly on the medium,they tend to die out soon. So the medium is
not suitable for use a stock culture medium.
It is not desirable to subculture pneumococci, streptococci and Neisseria
repeatedly on this medium.For blood culture, inoculate about 5 ml of blood specimen into 50 ml of the medium.

Formula

Componsnds On 30.0 L
Peptone 20.0 g
Sodlum  Chlorlde 5.0 g
Dextrose 2.5g
Dlpotasslum  Phosphate 2.5 g

pH 7.3土0.2

Nissui日水 05902 Eagle’s MEM (日水)培养基③成分表

Nissui日水 05902 Eagle’s MEM (日水)培养基③成分表

上海金畔生物代理日本日水Nissui全线产品,欢迎新老客户访问日本日水Nissui官网或者咨询我们获取更多产品信息。
Nissui代理
Nissui日水培养基代理

不含卡那霉素、酚红、L-谷氨酰胺和碳酸氢钠,可高压蒸汽消毒&

货号 形态 包装 储存条件 保质期
05902 粉末 100 g 低温 1年

使用说明

将9.4g培养基溶解于蒸馏水中,并调整体积至1000mL。然后121℃高压蒸汽消毒15分钟。冷却至室温,向其中加入适量经过高压蒸气消毒的10%碳酸氢钠水溶液(在CO2含量为5%、温度为37℃环境中,滴加12.5~22mL的碳酸氢钠水溶液,其pH值为7.1~7.4)。密封后存放于阴凉处。使用前,在无菌环境中加入L-谷氨酰胺0.292g(灭菌的),并根据不同目的添加适量血清。

简 介

Eagle’s MEM“日水“ 培养基3是根据1959年Harry Eagle对外

公布的配方研制而成的粉末状培养基。目前为止,此类培养基不耐高压蒸汽消毒,因为其中的成分会分解或变质,因此需要通过膜过滤灭菌。日水制药株式会社研制的 Eagle’s MEM“日水“ 培养基3耐高压蒸汽消毒,经过特殊工艺处理可保证其中的成分不会发生变化,对细胞生长不会造成损害。本培养基对于HeLa细胞、L细胞等,具有非常好的发育促进作用。

贮藏方法和使用期限

2-10°C,密封、避光、干燥处存放。保质期1年。

注意事项

请勿使用过期产品。过期产品不能保证其质量合格。如果培养基或试剂接触到眼睛或嘴巴,请立即用大量清水充分冲洗,并咨询医师。

任何培养基、试剂和材料使用后均应高压蒸汽消毒或煮沸后按照工业废弃物相关法律或管理规范处理。

成分 In9.4 g/L
氯化钠 6,800.0 mg
氯化钾 400.0 mg
氯化钙 200.0 mg
硫酸镁 93.5 mg
磷酸氢钠 115.0 mg
葡萄糖 1,000.0 mg
L-精氨酸盐酸盐 126.0 mg
L-胱氨酸二盐酸盐,- -水 31.4 mg
L-酪氨酸 36.0 mg
L组氨酸盐酸盐,- -水 42.0 mg
L-异亮氨酸 52.0 mg
L-亮氨酸 52.0 mg
L-赖氨酸盐酸盐 73.0 mg
L-甲硫氨酸 15.0 mg
L-苯丙氨酸 32.0 mg
L-苏氨酸 48.0 mg
L-色氨酸 10.0 mg
L_缬氨酸 46.0 mg
琥珀酸(丁二酸) 75.0 mg
琥珀酸钠(丁二酸钠),六水 100.0 mg
酒石酸氢胆碱(重酒石酸胆碱) 1.8 mg
叶酸 1.0 mg
肌醇 2.0 mg
烟酰胺(维生素B3,尼克酰胺) 1.0 mg
泛酸钙 1.0 mg
盐酸吡哆醛 1.0 mg
核黄素(维生素B2) 0.1 mg
盐酸硫胺(维生素BI1) 1.0 mg
生物素(维生素B7、辅酶R) 0.02 mg

 

Nissui Eagle’s MEM (日水)培养基②

Nissui Eagle’s MEM (日水)培养基②

上海金畔生物代理日本日水Nissui全线产品,欢迎新老客户访问日本日水Nissui官网或者咨询我们获取更多产品信息。

Nissui代理

Nissui日水培养基代理

含卡那霉素,不含酚红、L-谷氨酰胺和碳酸氢钠,可高压蒸汽消毒&

货号 形态 包装 储存条件 保质期
05901 粉末 100 g 低温 1年

使用说明

将9.4g培养基溶解于蒸馏水中,并调整体积至1000mL。然后121℃高压蒸汽消毒15分钟。冷却至室温,向其中加入适量经过高压蒸气消毒的10%碳酸氢钠水溶液(在CO2含量为5%、温度为37℃环境中,滴加12.5~22mL的碳酸氢钠水溶液,其pH值为7.1~7.4)。密封后存放于阴凉处。使用前,在无菌环境中加入L-谷氨酰胺0.292g(灭菌的),并根据不同目的添加适量血清。

简 介

Eagle’s MEM“日水“ 培养基2是根据1959年Harry Eagle对外公布的配方研制而成的粉末状培养基。目前为止,此类培养基不耐高压蒸汽消毒,因为其中的成分会分解或变质,因此需要通过膜过滤灭菌。日水制药株式会社研制的Eagle’s MEM“日水“ 培养基2耐高压蒸汽消毒,经过特殊工艺处理可保证其中的成分不会发生变化,对细胞生长不会造成损害。本培养基对于HeLa细胞、L细胞等,具有非常好的发育促进作用。

贮藏方法和使用期限

2-10°C,密封、避光、干燥处存放。保质期1年。

注意事项

请勿使用过期产品。过期产品不能保证其质量合格。如果培养基或试剂接触到眼睛或嘴巴,请立即用大量清水充分冲洗,并咨询医师。

任何培养基、试剂和材料使用后均应高压蒸汽消毒或煮沸后按照工业废弃物相关法律或管理规范处理。

配方:

成分 In 9.4 g/L
氯化钠 6,800.0 mg
氯化钾 400.0 mg
氯化钙 200.0 mg
硫酸镁 93.5 mg
磷酸二氢钠 115.0 mg
葡萄糖 1,000.0 mg
L精氨酸盐酸盐 126.0 mg
L-胱氨酸二盐酸盐,-水 31.4 mg
L酪氨酸 36.0 mg
L组氨酸盐酸盐,一水 42.0 mg
L-异亮氨酸 52.0 mg
L亮氨酸 52.0 mg
L-赖氨酸盐酸盐 73.0 mg
L-甲硫氨酸 15.0 mg
L-苯丙氨酸 32.0 mg
L-苏氨酸 48.0 mg
L色氨酸 10.0 mg
L-缬氨酸 46.0 mg
琥珀酸(丁二酸) 75.0 mg
琥珀酸钠(丁二酸钠),六水 100.0 mg
酒石酸氢胆碱(重酒石酸胆碱) 1.8 mg
叶酸 1.0 mg
肌酵 2.0 mg
烟酰胺(维生素B3,尼克酰胺) 1.0 mg
泛酸钙 1.0 mg
盐酸吡哆醛 1.0 mg
核黄素(维生素B2) 0.1 mg
盐酸硫胺(维生素B1) 1.0 mg
生物素(维生素B7、 辅酶R) 0.02 mg
卡那霉素 60.0 mg (Titer)

 

Nissui日水05900 MEM培养基中文说明书

Nissui日水05900 MEM培养基中文说明书

Eagle’s MEM (日水)培养基①

含卡那霉素、酚红,不含L-谷氨酰胺和碳酸氢钠,可高压蒸汽消毒)

货号 形态 包装 储存条件 保质期
05900 粉末 100 g 低温 1年
08160 粉末 9.4gx 10包 低温 2年

使用说明

将9.4g培养基溶解于蒸馏水中,并调整体积至1000mL。然后121℃高压蒸汽消毒15分钟。冷却至室温,向其中加入适量经过高压蒸气消毒的10%碳酸氢钠水溶液(在CO2含量为5%、温度为37℃环境中,滴加12.5~22mL的碳酸氢钠水溶液,其pH值为7.1~7.4)。密封后存放于阴凉处。使用前,在无菌环境中加入L-谷氨酰胺0.292g(灭菌的),并根据不同目的添加适量血清。

Eagle’s MEM “日水”培养基1是根据1959年Harry Eagle

对外公布的配方研制而成的粉末状培养基。目前为止,此类培养基不耐高压蒸汽消毒,因为其中的成分会分解或变质,因此需要通过膜过滤灭菌。日水制药株式会社研制的 Eagle’s MEM“日水“ 培养基1耐高压蒸汽消毒,经过特殊工艺处理可保证其中的成分不会发生变化,对细胞生长不会造成损害。本培养基对于HeLa细胞、L细胞等,具有非常好的发育促进作用。

贮藏方法和使用期限

2-10°C,密封、避光、干燥处存放。保质期1年。

注意事项

请勿使用过期产品。过期产品不能保证其质量合格。如果培养基或试剂接触到眼睛或嘴巴,请立即用大量清水充分冲洗,并咨询医师。

任何培养基、试剂和材料使用后均应高压蒸汽消毒或煮沸后按照工业废弃物相关法律或管理规范处理。

配方

成   分 In 9.4 g/L
氯化钠 6,800.0 mg
氯化钾 400.0 mg
氯化钙 200.0 mg
硫酸镁 93.5 mg
磷酸二氢钠 115.0 mg
葡萄糖 1,000.0 mg
L-精氨酸盐酸盐 126.0 mg
L-胱氨酸二盐酸盐,一水 31.4 mg
L-酪氨酸 36.0 mg
L-组氨酸盐酸盐,一水 42.0 mg
L-异亮氨酸 52.0 mg
L-亮氨酸 52.0 mg
L-赖氨酸盐酸盐 73.0 mg
L-甲硫氨酸 15.0 mg
L-苯丙氨酸 32.0 mg
L-苏氨酸 48.0 mg
L-色氨酸 10.0 mg
L-缬氨酸 46.0 mg
琥珀酸(丁二酸) 75.0 mg
琥珀酸钠(丁二酸钠),六水 100.0 mg
酒石酸氢胆碱(重酒石酸胆碱) 1.8 mg
叶酸 1.0 mg
肌醇 2.0 mg
烟酰胺(维生素B3,尼克酰胺) 1.0 mg
泛酸钙 1.0 mg
盐酸吡哆醛 1.0 mg
核黄素(维生素B2) 0.1 mg
盐酸硫胺(维生素B1) 1.0 mg
生物素(维生素B7、辅酶R) 0.02 mg
卡那霉素 60.0mg(Titer)
酚红 6.0 mg

 

Nissui 05626 标准寒天培地培养基

Nissui 05626 标准寒天培地培养基

上海金畔生物代理日本日水Nissui全线产品,欢迎新老客户访问日本日水Nissui官网或者咨询我们获取更多产品信息。

货号Code: 05626
英文名称:Standard Method Agar “Nissui”
规格:300gx2
用途:一般生菌数测定用(特)
中文名称:標準寒天培地
性状:顆粒

Nissui日水清洁印章-食品和環境加测用

Nissui日水清洁印章-食品和環境加测用

食品卫生检查用,只贴在样品上的印章培养基

是将培养基面强加于食品及环境的卫生检查对象进行培养的印章培养基。从污染指标菌检查到主要的食物中毒菌检查,品种丰富,可以满足多种需求.
“食品戳”是日水制药的原创商标。

フードスタンプ

スタンプの使い分けで、狙いを定めた検査ができる

フードスタンプ「ニッスイ」は、押し付けるだけでサンプリングできることに加え、対象菌別に用意されていますので、誰でも手軽に、的確な検査を行うことができます。

標準寒天

生菌数用

[測定する集落]
表面に発育した全ての集落を測定します。

標準寒天
デゾシキコレート寒天

大腸菌群用

[測定する集落]
赤色集落を大腸菌群と判定します。明瞭な赤色を表さず前面に 発育している場合は、重度の汚染を示します。

デゾシキコレート寒天
X-GAL寒天

大腸菌群用

[測定する集落]
青~青緑色に発色した集落を大腸菌群と判定します。
※他の多くの細菌は発育を抑制されるか、発育しても発色しないので判定が容易です。

X-GAL寒天
XM-G寒天

大腸菌・大腸菌群用

[測定する集落]
青~青紫色の集落を大腸菌、ピンク~赤色の集落を大腸菌群と判定します。
※他の多くの細菌は発育を抑制されるか、発育しても発色しないので判定が容易です

XM-G寒天

TCBS寒天

腸炎ビブリオ用

[測定する集落]
緑色集落を腸炎ビブリオと判定します。黄色集落(V.alginolyticus)が多数発育した場合も、腸炎ビブリオによる汚染の危険を示します。青~青紫色の集落を大腸菌、ピンク~赤色の集落を大腸菌群と判定します。

TCBS寒天

TGSE寒天

黄色ブドウ球菌用

[測定する集落]
黒色集落で、集落周囲の培地が白濁している(卵黄反応陽性)ものを黄色ブドウ球菌と判定します。

TGSE寒天

X-SA寒天

黄色ブドウ球菌用

[測定する集落]
青(水)色の集落を黄色ブドウ球菌と判定します。
※白色または青(水)色の微小集落、薄青色の扁平で光沢のない集落は黄色ブドウ球菌ではありません。

X-SA寒天

MLCB寒天

サルモネラ用

[測定する集落]
中心部黒色の集落をサルモネラと判定します。
※Citrobacterなど、サルモネラ以外の菌でも黒色集落を形成する場合があります。疑わしい集落は、他の方法で確認することをお勧めします。

MLCB寒天
セレウス寒天

セレウス菌用

[測定する集落]
周縁不規則な白色の大きな集落で周囲に白濁(卵黄反応陽性)および培地の赤色化を伴うものをセレウス菌と判定します。

セレウス寒天

サブロー寒天

真菌用

[測定する集落]
表面に発育した真菌の集落を測定します。

サブロー寒天

CP加ポテトデキストロース寒天

食品真菌用

[測定する集落]
表面に発育した全ての集落を測定します。細菌の発育を抑制 するため、真菌の計測が容易です。

CP加ポテトデキストロース寒天

平らな面に軽くスタンプ、時間を取らずにサンプル採取


  • フードスタンプは5個ずつつながっています。キャップが外れないように押さえながら、使用する数だけ切り離してください。

          ▼


  • キャップを取り、食品や調理器具などの検査材料に培地面(寒天)を軽く押しつけます。

          ▼

  • 注1)スタンプ後の検査材料は、培地成分が残存しないよう十分に洗浄してください。
    注2)ひとつの検査材料に対して複数の培地を使用する場合は、培地ごとにスタンプする場所を変えてください。 キャップを閉め、キャップまたは裏面に採取日、場所などの必要事項を記入します。

          ▼


  • キャップを閉め、キャップまたは裏面に採取日、場所などの必要事項を記入します。

    注)シャーレ裏面への記入は、計測、判定時の障害となるため避けてください。

  • ふらん器に入れて、一定時間培養してください。

    注)ふらん器がない場合は室温で培養し、培養時間を1.5~2倍にしてください。

          ▼


  • 発育した集落を測定、あるいは判定します。

    注)集落数が多い場合は、容器の裏に刻印された区画を利用すると便利です。(1区画は1cm² /培地1枚の面積は10cm² )

集落数のカウントにより清潔度を判定

1) 標準寒天による生菌数測定、サブロー寒天とCP加ポテトデキストロース寒天による真菌数測定 の判定基準

集落数 判定基準 判定記号例
0 ~ 9個 ごくわずかに汚染 - ~ ±
10 ~ 29個 軽度に汚染
30 ~ 99個 中等度に汚染
100個以上 重度に汚染 ×

2).上記以外のフードスタンプは、陰性(検出数0個または、-)と陽性(検出数1個以上、または+) で判定し、陽性は要注意としてください。

【使用上の注意】

  1. 表面が平滑でなかったり、油脂が付着していたりする検査材料には適用できません。
  2. 使用済みのフードスタンプは、高圧蒸気減菌または十分に煮沸して廃棄してください。
  3. 1検体につき2枚の培地を用いることをお勧めします。
  4. スタンプ培地上の集落数は汚染菌数の絶対数をあらわすものではありません。汚染程度をスクリーニングするものであり、その汚染菌数は必ずしもふき取り法と一致しません。

製品および関連製品

品名 用途 包装 製品コード 検査目的
標準寒天 生菌数用 100枚 06050 食品および調理環境などが衛生的かどうか調べます。
30枚 06051
デゾキシコレート寒天 大腸菌群用 100枚 06052 糞便に由来する菌によって食品や調理環境が汚染されていないかどうかを調べます。
30枚 06053
X-GAL 寒天 大腸菌群用 100枚 06763
30枚 06764
XM-G 寒天 大腸菌・大腸菌群用 100枚 06775
30枚 06776
TCBS 寒天 腸炎ビブリオ用 100枚 06054 主に生食用魚介類や、魚類を扱う調理環境、食品等において、腸炎ビブリオの検査を行います。
30枚 06055
TGSE 寒天 黄色ブドウ球菌用 100枚 06056 食品、調理環境、従事者等を対象に黄色ブドウ球菌を検査します。
30枚 06057
X-SA 寒天 黄色ブドウ球菌用 100枚 06756
30枚 06757
MLCB 寒天 サルモネラ用 100枚 06750 卵・肉類およびその加工品等について、サルモネラ汚染が疑われる場合、検査を行います。
30枚 06751
セレウス寒天 セレウス菌用 100枚 06752 穀類、肉、野菜類などの原料素材や製品について、セレウス菌の汚染を調べます。
30枚 06753
サブロー寒天 真菌用 100枚 06063 真菌は自然環境に広く分布し、原料や食品を汚染する可能性があるため、食品や調理環境などの検査を行います。
30枚 06064
CP 加ポテトデキストロース寒天 食品真菌用 100枚 06754
30枚 06755

※貯法・使用期限:冷所(4~10℃)に保存。禁凍結。製造後4~6ヶ月間(品目によって異なります)。

NISSUI CompactDry “Nissui”YMR 菌数測定用簡易培地

NISSUI CompactDry “Nissui”YMR 菌数測定用簡易培地

菌数測定用簡易培地
コンパクトドライ「ニッスイ」YMR
CompactDry “Nissui” YMR 酵母・カビ迅速測定用

使用法

コンパクトドライ「ニッスイ」YMをベースに組成を見直し、同培地に比べ短い時間で判定ができる。25±1℃、2~3日間培養後、コンパクトドライ「ニッスイ」YMと同様に、酵母は青色~白色、クリーム色の輪郭のはっきりした集落を、カビは綿状のすべての集落を計測する。

概 要

培地成分が乾燥状態で不織布に均一に充填されている。試料液を1mL加えるだけで定量培養が行える。

注意

青色に発色しない酵母も存在する。

貯法・使用期限

室温。
18ヶ月間。

コンパクトドライYM 06747 240枚 室温(1~30℃)
(酵母・カビ測定用) 18ヶ月間
コンパクトドライYMR 06777 40枚 室温(1~30℃)
(酵母・カビ測定用 迅速タイプ) 18ヶ月間

Nissui 08604 日水花生过敏原快速检测试剂盒

Nissui 08604 日水花生过敏原快速检测试剂盒

中文名称:花生过敏原快速检测试剂盒

英文品名:Food Allergen Screening Test ELISA PEANUT

包装规格:96次

Nissui 08604 日水花生过敏原快速检测试剂盒

用途:食品过敏源检测试剂盒 花生过敏原检测

含 量:99%

产品规格:1kit

产 地:日本

品牌:Nissui日水

使用方法:

本产品是利用酶免疫测定法(ELISA法),用于测定食品中的花生蛋白质的检查工具。

花生过敏原快速检测试剂盒

[操作方法]

1、将2g样品粉碎并提取出来进行离心作业,选取澄清的滤液作为检测溶液。

2、以每次100μL的速度向清洗干净的固体平板上滴加检测溶液,在室温状态下反应1小时。

3、清洗干净后,以每次100μL的速度滴加生物素结合抗体溶液,在室温状态下反应1小时。

4、以每次100μL的速度滴加酶-抗生物素蛋白结合物溶液,在室温状态下反应三十分钟。

5、滴加100μL显色剂,在室温状态下反应二十分钟后,滴加100μL反应停止液,提取450nm测定其吸光度。

贮藏方法、使用期限:

避光保存在低温之处(2~8℃)。严禁冻结。

使用期限为六个月。

*可以同时使用浓缩型抽取缓冲液和浓缩型清洗液。

*厚生劳动省食发第1106001号(2002年11月6日)中记载的筛选工具。